便秘肌荒れ原因メカニズム

便秘になると、肌荒れが起きやすくなります。

でも、
なぜ便秘が肌荒れの原因になるのか、
そのメカニズムって、
案外知らなかったりしますよね?

今回は、便秘で肌荒れが起きる
原因にフォーカスして、
そのメカニズムをご紹介します。

#スポンサーリンク#

便秘でうんちが出ないとどうなる?

便秘になると、
うんちが長く腸内にとどまります。

外から見ると、
「うんちが出てこない」
だけに見える便秘。

実は、体内では
困ったことが起きています。

悪玉菌がからだをめぐる

便秘でうんちが腸内に長くとどまると、
悪玉菌が悪さを始めます。

悪玉菌が生み出す有害物質が、
体に再吸収されます。

そして、
それらの有害物質は、
血液にのって、
からだの中をめぐり始めます。

これが皮膚に常在する
細菌を活性化し、
肌荒れや老化を悪化させる原因になるのです。

腸内環境も悪化する原因に

それだけではありません。

うんちが長く腸内にとどまると、
腸内細菌が悪化します。

そもそも、
便秘が引き起こされる背景には
腸内環境のバランスも崩れて、
善玉菌が少ない状況があります。

腸内環境が悪化すると、
ビタミンを生成する力や
免疫力も低下します。

また、
からだの活性にとって重要な
新陳代謝の機能も低下するなど、
連鎖的に負のバランスを加速させる
おそれが高まります。

便秘は大腸がんの原因にもなりうる?

うんちが長く腸内にとどまると、
腸内環境が崩れますが、
そうした状況が長く続くと、
腸内環境の「腐敗」を招きます。

その結果、
からだの調子が悪くなるだけでなく、
大腸がんをはじめ、様々な病気を
誘発するおそれも出てきます。

だから、
ただの便秘とあなどることなかれ。

便秘に対処して、
スッキリうんちを対外へ排出することは、
実はとても大切な
からだの営みだったりするのです。

肌を守り、
腸内環境を守り、
ひいては大腸がんなど、
大病からからだを守るために。

便秘の原因はそもそも何?

便秘の原因は、様々ですが、
日々の日常生活と結びついていることが
多いものです。

・食物繊維不足
・体内の水分不足
・ストレス
・腸の運動力の低下
・腸の筋力の低下
・下剤の乱用

などなど、たくさんあります。

例えば、
楽しみのために旅行に出かけたはずが、
環境の変化によって
便秘が引き起こされることもあります。

このように、
無意識に送っている日々の生活に、
便秘の原因が
わりと潜んでいたりします。

いつもの当たり前を見直してみる

うんちを貯めても、
残念ながら、マイナスばかりで、
なにもメリットはありません。

そして、
便秘の改善は、
生活習慣を見直すことで、
対処できるものも、案外多いものです。

ぜひ「いつもの当たり前」を見直し、
いいうんちを育てる生活に
少しずつ意識を切り替え、
実践してみるのはいかがでしょうか?

#スポンサーリンク#